韓国で「日本語学習」の受容が絶えない理由。その1:日本就職・留学・移民希望者の増加!日本語教師は韓国大学を目指すべき。

日本語教師
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

 今日は韓国の大学教授(日本語関連の教授)を目指すことを念頭に、「日本語」に対する需要を日本への移住という観点でお話をすすめたい。

 ここ数年の反日気運の高まりにも関わらず、日本語への受容は衰えない。

 それは色々な要因があるだろう。

 その中で注目できるのが、日本への移住希望者が多いという点である。

 このことは、私が韓国に滞在しているときに急増したのではないかと思う。日本で暮らしたいという人の割合が多くなったのである。

 その中で顕著に増加したのが、日本への就職である。

 日本が少子化のゆえ、日本企業が韓国の優秀な人材を確保するという動きもあり、韓国の若者は日本に希望を見出す。韓国が就職難であるということもそれに拍車をかけたであろう。私が勤めていた大学でも、毎年日本就職を決めてきた学生を輩出した。

【期間限定販売】日本語教育能力検定試験 合格パック2021

 以前も多かった留学も日本就職のためという目的で準備する学生も増えた。留学が目的というより、日本で就職して生活するという希望である。大学生の場合は、卒業して編入という方法がある。

 特に短期大学の場合は、2年で卒業して、日本の大学に3年次に入学するというものである。初めから就職を狙うというよりも、一度日本の大学で大学生活をすることで、日本語をマスターし、生活にも慣れた後に就職という道筋である。

 ある程度日本語の能力があり、日本語能力試験のN2以上などを所持していると、ダイレクトに就職を狙う学生も多い。私が見聞きした感じでは、日本語の能力がなくても、何度かは日本の就職を考えている学生がかなり多かった。

 もちろん、日本だけでなく、中国や英語圏への就職や移民希望者も多い。その中の日本希望者ではあるが、とにかく海外への移住や就職希望者は多いのである。

 そして、ワーキングホリデーの申請者も多い。1年という期間ではあるが、これも彼らからすると魅力らしい。申請するとほとんどが合格して、日本行きを果たしていた。

 さらに、日本語への受容を刺激するものとして、交換留学海外研修がある。これは、大学にプログラムがあればの話しではあるが、ほとんどの大学には、日本への交換学生制度や短期研修はあると思われる。

 これは、学内で選考の試験や面接などはあるが、ある程度の成績を収めていれば、合格することは確実である。よって、このような学内のプログラムに刺激され、日本行きを果たすことで、日本のファンになるということは大いにある。

 そこから、「日本に住めたらな」という希望が心に芽生えるというものである。

 このことからもわかるように、日本の渡航はたやすくなったところから、彼らは日本での居住を求めることとなる。

 これは、日本語が必須条件となることは明らかである。

 日本語の教師は、韓国学生の夢を叶える重要なポジションにいることは間違いない。そして、

 彼らは日本の大学教授を通して、日本行きを果たせるよう努力するのである。

 韓国の大学での日本語需要はなくならない。そのことを考えると、韓国で日本語関連の教授になるとう道はそれほど、難しくないといえそうだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました