韓国歴史・文化

朝鮮王朝史

李氏朝鮮歴代王23代王純祖と世子:孝明世子(ヒョミョンセジャ:イ・ヨン)の時代。イサン:正祖後の朝鮮社会。19世紀の朝鮮を見る。

「雲が描いた月明り」の世子であるイヨン。彼は朝鮮王23代王の純祖の息子。 純祖はあの聖君といわれる22代王正祖の世子。 純祖は世子になった年、正祖は急死する。そして朝鮮は 西欧列強の圧力の中で外戚による勢力が政治の中心とRead More
朝鮮王朝史

朝鮮王:イサン(正祖王)の文化事業と実学の復興そして丁若鏞(チョンヤギョン:1762~1836)の影響!

日本の近代も興味深いが、韓国いや朝鮮の朝鮮後期の歴史も興味深いものがある。それは、日本と比較することで、両国の特徴が浮かび上がるのである。そこで今回注目したいのが、文芸復興とキリスト教の受容である。朝鮮では西の学いわゆる西洋の学問を受け入Read More
日本の中の韓国

高視聴率:韓国歴史ドラマ「太祖王建(テジョワンゴン)」の後百済の建国者:甄萱(キョン・フォン)の出自と日本神話「三輪山伝説」の関連と本質。処女の懐妊に見る古代の世界!

1.はじめに 今日は日本の中の韓国と題してお話をすすめます。 日本の『古事記』崇神天皇の巻に「三輪山伝説」というものがあります。これは、後にも紹介しますが、活玉依昆売(いくたまよりびめ)が蛇と交わり懐妊するというものです。三輪Read More
朝鮮王朝史

朝鮮王朝21代王:ヨンジョ(英祖)とサドセジャ(思悼世子)の関係から見る親子関係。親の心理を考える。

朝鮮王朝21代王であるヨンジョ(英祖)は息子であり、世継ぎの息子であったサドセジャ(思悼世子)を米櫃にいれて殺してしまったことで有名である。いわゆる子供殺しの親ということである。 サドセジャはすでに世継ぎとして決まっていた。韓国語でRead More
朝鮮王朝史

朝鮮王朝を知って韓国歴史ドラマの背景を理解しよう。16代王・仁祖(インジョ)の治世。世子(セジャ)昭顕(ソヒョン)への嫉妬と冷遇。

韓国歴史ドラマの背景としてよく登場する時代。仁祖についてみてみましょう。 日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中! クーデターによる即位 1623年西人派は15代王の光海君(クァンヘグン)をRead More
朝鮮王朝史

朝鮮15代王:光海君(クァンへグン)治世とその時代

「王になった男」など韓国歴史ドラマの背景となる光海君(クァンへグン:1575~1641)は暴君として知られる。最近は名君としての評価もされ始めた。果たして真相はどうなのか。朝鮮実録はその後の政権によって書かれていることが多い。そのため、前Read More
朝鮮王朝史

【朝鮮王朝】韓国歴史ドラマを見る上で知っておきたい11代王中宗(チュンジョン)、12代王仁宗(インジョン)

今日は韓国ドラマの中でよく登場し時代背景として用いられる、二人の王について解説してみる。 中宗反正(パンジョン)によって即位 朝鮮10代王燕山君の暴政により、クーデターが起こる。それが、中宗反正とよばれる。これによって、異母兄Read More
朝鮮王朝史

朝鮮王朝太平の時代を築いた9代王成宗(ソンジョン)。文化の黄金期。韓国歴史ドラマの予備知識!

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>無料トライアル実施中! 韓国ドラマの中で歴史ドラマの人気は最近特に際立っています。どうしてでしょうか。 実際の史実もドラマのような展開が繰り広げられているからです。 史実がRead More
韓国歴史踏査

韓国観光の穴場。行政新都市:世宗(セジョン)市。2段階が完成!

この冬、零下の中、忠清北道に行ってきました。世宗という都市を知っていますか。そう、あのハングル創始者の世宗と同じ名前の都市です。 世宗市は政府行政機関を移転することで設けられた新都市なのです。 いま韓国のいたるところでRead More
韓国歴史・文化

ビビンバ(비빔밥)から見た韓国食文化ー混ぜることの意味ー

1.混ぜる韓国、混ぜない日本 私が韓国料理の特徴を一つだけ挙げよと言われたら、まっさきに 「混ぜること」と 答えるであろう。韓国に来た当時いまでも忘れられない経験がある。 それは、フェドッパプという海鮮丼のようなもRead More
韓国歴史・文化

韓国の民主化運動とアメリカの2020大統領選挙

1.米国大統領選挙 私は最近民主主義とは何かを考えさせられる。その契機となったのが、2020年の米国アメリカ大統領選挙である。バイデン候補が勝利宣言をしたにもかかわらず、不正選挙という声がトランプ陣営から上がってきている。未だにどちRead More
韓国歴史踏査

ソウルの観光と一人旅で知っておきたい4大門の意味と5大王宮(古宮)の背景。韓国の国宝とは?

今日は韓国の観光や一人旅で事前の知識として知っていると、旅が数倍楽しくなる、ソウルの4大門と5大王宮について話していきたいと思います。 東大門、南大門、そして景福宮という名前はもう何度もの耳にしています。 これからは、そんな観Read More
日本の中の韓国

『古事記』記載での韓国(カラクニ)の「カラ」と大和心(やまとごころ)の対峙

本居宣長が『古事記伝』の天孫降臨の場面で、韓国(からくに)の解釈における、「から」を日本書紀から引用しつつ、「空」つまり不毛地とした意味はどこにあるのであろうか。韓と空(から)と解したことから、韓を否定的と見たという見解もあるが、韓国つまRead More
韓国歴史踏査

ソウル一人旅、朝鮮時代の王宮、徳寿宮(トクスグン)を巡りながら。

秋が深まる11月の初旬。ソウルの秋は色づいていた。この頃になると、すでに寒さが身に染みることなのに、日中は過ごしやすい。 徳寿宮に行こうと思ったのは、独立門を設計したロシア人サバティンという人物からであった。彼は徳寿宮のいつくかの建Read More
日本の中の韓国

日韓古代史を考える。韓国(からくに)の「カラ」とは何を意味するか。

私たちは韓国を現在は韓国(かんこく)といっている。しかし、古代の文献、特に「古事記」ではこれを「からくに」と呼んでいる。今日はこの「からくに」という時の「から」とはどんな意味をもっているのかを考えてみたい。 「カラ」というとき、、唐Read More
韓国歴史・文化

アメリカ大統領選挙。バイデン氏が当選後の半島情勢への変化。

昨日のムン・ジョンイン大統領統一外交安保特保のインタビュー(JTBC 뉴스룸)におけるバイデン氏の勝利となった場合の、バイデン政府による半島への影響について紹介しながら、今後の半島情勢をみてみたい。 1.オバマ政権が掲げた戦略的忍耐Read More
タイトルとURLをコピーしました