韓国から日本帰国時で荷物配送を考えるなら、郵便の小包が比較的安くてオススメ!ただしリスクもいくつかあり。

韓国での旅・生活
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

日本帰国

日本帰国に際して、荷物をどのように送るかを非常に悩んだ。一般の配送業者に任せるか。

実際配送業者に問い合わせると、かなりの値段がかかりそうだった。

基本は50から100万円はかかりそうだった。これは、丸ごと一家の家具屋ら荷物を考慮した値段ではあるが、結構するものだと驚いた。

覚悟はしていたが、いざ日本に引っ越し間際になると、この費用を出すのはもったいない気がしてきた。

そこで、荷物をなるべく処分する方法を考えた。これはだれもが思いつくだろう。

しかし、数年韓国に滞在していると、荷物は捨てれど捨てれど、減らないのが現実。

とくに私の場合は「本」がものすごく多かった。

そこで、次に思いついたのが、郵便局で小包、大型小包そして船便でという方法だ。

帰国時の荷物配送

さて、船便

そして郵便

という二つの手段を考慮して、郵便局で問い合わせ。

すると、結構安く収まる。郵便局のサイトで、重さや大きさを入力すると

すぐに価格が表示されるのもありがたい。

郵送料は?

一番大きいサイズで、約5~6万ウォン(5~6千円)であった。

一番大きいサイズには、15キログラム程度であったと思う。服や本を入れた場合。

それが、6箱となり、大抵のものは納まった。

よって総計いくらで送れたかというと、3万5千円で送ることができた。

しかし条件はある。

船便

もしかしたら、届かないで、戻されるということ。

これを覚悟で送るしかない。

最近はコロナのせいか、このケースが多いのである。

よって、ほんとに大切なものは、所持して持っていくことをお勧めしたい。

どのくらいで着くの?

では、配送して、どのくらいで日本に到着したのであろうか。

最初は2か月とか3カ月といわれていた。

しかし。

一か月で着いていた。

これはラッキーな方だといういう。

2か月は見たほうがいいと思われる。

メリット、デメリット

メリットに関しては何よりも、一般の配達引っ越し業者より安いということである。たしかに、業者の場合は早くて確実という点が挙げられる。

ここで、どちらを選ぶかであろう。確実に早くという点であれば、やはり海外引越業者にお任せするのがいい。また、家まで来て、梱包してくれる。

私は一つ一つ段ボールに詰めたり、郵便局にトラックを呼びよし運んだりした。

これは相当手間である。

デメリットは、やはり、確実につくかどうかわからないという点だろう。

さらに、2~3カ月はかかるということで、その間はただ待つしかない。

日本に帰国するにあたって、今日は荷物の配送について記述しました。

海外から帰国することは、並大抵ではないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました