トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

韓国人気コスメ

日本人が韓国で生きていくうえでの困難と容易さ。韓国20年の在住者が語る今語る!

韓国(海外)生活
韓国語ワンコインレッスン
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

韓国に住んでいてつくづく思うのは、果たして日本人が韓国で住むことは容易なことだろうか、それとも大変だろうかと考えた。今日は私の経験だけを踏まえて、主観的な意見でこのブログを綴ることにした。

U-NEXT

さて私はすでに韓国に住んで20年ほどとなる。ほんとに早いものである。20年を過ぎて、振り返ると今まで韓国で仕事をしていることが、不思議に思えるし、奇跡にも感じる。結局それほど、たやすいものではなかったと言える。

韓国での生活はたやすいものではない

ということである。いやこれは海外の生活すべてにあてはまるものではないかと思う。どこの国に行っても、それ相応のたいへんさはある。

食べ物の違い、気候の違い、人々の考え方の違いなど、挙げればきりがないが、

今日特にお話ししたいのが、

韓国に

日本人が

住むことである。

私にとってきつかったことは視覚から入ってくるものである。目や鼻、耳などの五感といってもいい。

特にきつかったのは。「オト」である。声しかり、車のクラクション、工事など。いや、当時来た時に工事の多さに驚いたことがあった。どこにいっても、工事をしていて、心穏やかではない。

次に車のクラクションである。私は今でもクラクションがなると何事かとそっちを向いてしまう。しかし、ここ韓国では当たり前なのである。

特別な感情はないようだ。相手に合図するくらいの感覚なのであろう。

さらに、食堂やカフェなのでの会話の声の大きさ。アパートの騒音など。これにはやはりまいってしまった。

日本人にくらべて韓国人は声は大きい。表現も豊かである。笑う時、泣くとき、けんかするときは体全体で表現するのであった。

ゴミをすてるのも、適当なところがある。ゴミがちらかっていたり、ごみが無造作に捨てられていると、気分はわるくなる。

挙げればきりがないが、とにかく五感にかかわることに、かなりのダメージを受けたであろう。

最後に一つだけ挙げるとしたら、店員の態度であった。日本に比べると、不愛想であったり、親切ではないと思ってしまう。これも、不親切だと思ったり、外国人だと思われ差別的な態度をされると、気分は最高に悪い。

では

つらいことばかりであったのか。

というと

そうでもない。のである。

いや、不思議と韓国はこれらを帳消しにするだけの、見返りというか、

刺激みたいなものがある。

たいへんなことを、ふっとばすほどの、見返りみたいなものであろうか。

私は職場で、過ごすことが多いので、韓国人といえば、職場の人間であろう。

職場では忙しくてたいへんだと思ったことはあったが、

人間関係で悩んだことがなかった。不思議である。

人間関係に負担がない。私がある程度年齢が上だからということもあろう。

韓国は上下の関係は厳しい。

それでも、上司は上司で仕事の責任を押し付けたり、馬鹿にしたりはしなかったと思う。

ある程度の秩序みたいなものがあってか、それを壊すことに非常に気を使っているようにも思えた。

私にとって先ほど話した、刺激とは何か。それはよく褒めることである。

いいことや、すごいことがあれば、素直にほめてくれる。

これは、心から褒めているように思える。いや、そうやって育ってきたともいえよう。とにかく、ほめるのが上手。だと私は思う。

韓国人はほめ上手で、人のいいところをよく観察している。

言葉も「たくみ」であると思う。

同僚に対しては、ぞんざいに扱わない。

ので、これから、韓国で就職や仕事をしようとしている人は、この点に関しては、おすすめしたい。これは、学んで見る価値はある。

そして、主張することは、主張するので、いいたいことや、解決することはその場ですぐ解決しようと試みる。

ストレートに表現する分、気持ちもすっきりすると思われる。だからといって、言いたいことをなんでもかんでもいえるとも言えない。

これの見極めは難しいのであるが、

とにかく、この点に関しては、生活してみないとわからないかもしれない。

日本とは違う、社会のきまりやしきたりがあるようだ。

今日はこの、日本人が韓国に住むうえで、大変なこと

プラスになることとテーマで綴りました。

何かの参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました