トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

ソウルでショッピングならヨンドゥンポ(永登浦)。激安の地下商店街とタイムススクエア。

韓国(海外)生活
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

ソウルのショッピングというと明洞(ミョンドン)や仁寺洞(インサドン)などが定番ですが、私はここソウルの南西部に位置するヨンドゥンポ(永登浦)をおすすめしています。もう、ソウルの中心街は飽きたという方はぜひ来てみてください。

最新ドラマ、K-popアイドル番組、バラエティ番組などを配信中!31日無料お試し

おすすめの理由は

デパート、地下商店街、映画館、市場、そしてショッピングモールのタイムススクエアが一か所に集まっているからです。さらに、すべて地下道になっているので、天候が悪くても平気です。

1. ヨンドゥンポ(永登浦) 駅からスタート

ヨンドゥンポ(永登浦) 駅には1号線が通っていて、ソウルの中心から約30分ほどでこれます。急行も止まります。また、セマウル号やKTXも止まる駅で休日はごった返します。

何よりもまず、駅から出ると、ロッテデパートがあり、デパ地下にすぐいけます。そこでは、日本食、餅屋、弁当屋、パン屋、などがそろっています。

このロッテデパートを横にみながら通り過ぎると、すぐに地下商店街につながっています。これが、とても便利ですね。駅からすぐ目の前。もし駅から外に出てしまった場合は、5番出口からエスカレーターで地下に下りればいいでしょう。

2.地下商店街の安さ

この地下商店街は約1kmある細長い商店街です。なんでもあります。そして、とても安いのです。服は5000ウォンから1,0000ウォンの安さです。Nature Republic, THEFACESHOP, ARITAUMといった韓国コスメの店もそろっています。

韓国コスメで絶大な人気があるものをコスメ別にランキング紹介【スタイルコリアン】

とにかくショッピングをするのにキリがありません。化粧品、靴、帽子、おかし、といったお店がならんでます。時間配分を考えて歩きましょう。

そこで時間をかなり奪われるかもしれませんが、その先にすすんでください。約500ⅿくらい歩くと警備室が左に見えるので、そこを左に行くとタイムススクエアの入り口に入ります。

もちろん外からもいけますので、その場合は地上の入り口から入り、地下に降りることになります。私は地下から行くのをおすすめします。

3.タイムススクエア

地下からの入り口。

さてタイムススクエアに入ると、小さいエスカレータがあるので、そこから上がり、左に食堂街やスイーツのお店があり、右にスタバがあります。日本の人にはありがたい、スイーツの数々のお店です。また、アメリカのハンバーガー店やインドカレー店もあります。その奥に日本の食材が売っているコーナーがるので、寄ってもいいかもしれません。日本のお菓子、つゆ、ジュース、などですかね。

タイムススクエアをずっとまっすぐ行くと両側はARTBOXとう文房具やコーヒーショップ、スーツや洋服のお店、などが並んでいます。セールをしていることが多いようです。その地下2階もお店は連なっています。

韓国のカジュアルファッション通販『SSUNNY』

さて、まっすぐ行くと、ELECTRO MARTという電気街があり、その先はEMARTがあります。ですから、ここで食料品の買い物もできますし、ショッピングもできるということになるでしょう。

さらに、その上にあがる、エスカレーターがあるので、上がってみると、たくさんのお店があるので、そこでもショッピングは楽しめると思います。

一階でよくガールグループのサイン会などをしていました。

エイプリルのサイン会

そこから、外にでて駅の方に向かうのもいいでしょう。最後に、もし時間があれば、ロッテデパートの最上階に映画館があるので、そこで映画を楽しむという方法もあります。

この ヨンドゥンポ(永登浦) には汝矣島(ヨイド)にも近く、 汝矣島公園があるので、そこでくつろぐこともできます。また、 ヨンドゥンポ(永登浦)伝統市場があるので、韓国の雰囲気を味わいたいときは、駅周辺よりもそちらに行くのもいいでしょう。やはり、韓国はこういった伝統市場で出店でおでんやトッポッキを食べにいったりするのも楽しいですよね。

冬の寒さの中、温かいところでショッピングを考えているなら、ここ ヨンドゥンポ(永登浦) に間違いはありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました