トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

『古事記』に見る謎の文字を解釈。「韓国(からくに)」とはどこを指すか?

比較文化
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

梅原猛の現代語訳「古事記」を読んで、「古事記」は文学の書であるとうところから、魅了されて初めから「古事記」を読み始めました。

記紀といわれるくらいですから、「日本書紀」も同時に平行して読み進めてきました。

古典ですから、やはり難しい。現代語訳や解釈を参考にしながら、読み進めるのですが、やはり時間がかかります。

やっとのことで、天孫降臨のところに来て、難解な部分がたくさんあることに気づき、特に韓国との関係で注目できる部分をピックアップしてみました。

重要な箇所は以下の通りです。

天の浮橋にうきじまり、そり立たして、筑紫の日向の高千穂のくじふるたけに天降りまさしめき。

「古事記」

ここに詔りたまひしく、「ここは韓国(からくに)に向ひ、笠沙のみさきを眞来通りて、朝日の直(ただ)す国、夕日の日照る国なり、故、ここは甚吉き地(ところ)」と詔たまひて、

「古事記」

1.うきじまり、そりたたして

この箇所は邇邇芸命(ににぎのみこと)が天下る場面で、その様子を述べた解されるのですが、「うきじまり」と聞いても、普通の日本人が聞いても、難解ですね。

予想がつくのは「うき」という文字から、何かが浮いているということが想像されます。

その次の「じまり」ですが、「じま」は島のように聞こえます。最後の「り」ですが、「あり」が短くなったものか。

と考えると、浮いている島があった。このようになりそうですが、

しかし、解説ではまだ未詳と書かれています。つまり、通説ではまだ明らかではないのです。

つぎに「そりたたして」です。「そり」というとすくっとたつというニュアンスですよね。「たたして」も立つということになるでしょう。

【SoftBank光】フレッツ光をお使いなら、工事費不要!簡単乗り換えで月額がさらにお得に!

2.筑紫の日向(ひむか)の高千穂のくじふるたけに

筑紫はそのごとく筑紫。九州地方を指すでしょう。

そこで、 日向(ひむか) ですが、一般的に九州の 日向(ひむか) といえば、現在の宮崎が該当しそうです。

が、日が向かう地とも解されそうです。

なぜならば、次の箇所に朝日や夕日という語が出てくるからです。

天孫降臨が「日」「太陽」と関係があるようにも思われてきます。

そして、高千穂。これは地名でしょうか。もちろん、高千穂という地名はありますが、高はたか、穂は稲穂ですから、高く積み上げられた稲穂と解釈するのが、一般的なようです。

しかし、地名となると、宮崎の高千穂か、霧島の高千穂かという議論があります。

霧島の滝

もし、地名だとすると、特定させることは別として、この宮崎、鹿児島付近と考えることができそうです。

そして、問題のくじふるたけ。「くじふる」と聞いてどんなことを思い浮かべるでしょうか。

アニメLP【自由テキスト2】

「古事記」小学館の解釈では「く」は奇、「し」は石、「ふる」は旧ということで、霊妙な石が年月を経て山になった。としています。

韓国の慶尚南道には古代三国時代に加羅という国がありました。この神話にキムスロ王がある山に降臨するという話があるのです。

非常に日本神話の天孫降臨に似ているのです。垂直型降臨神話なのですが、もし共通するものがあるならば、その神話の形態が注目されます。

そして、このキムスロ王が降臨する峯を韓国語で「くじぼん」というのです。

漢字で書くと、「くじ」は「亀旨」であり「ぼん」は峯です。

民は王が降臨するのに歌舞の準備をするのですが、その歌には「亀はどこだ。首をださないと、焼いて食べてしまうよ」という歌を歌いながら、準備するのです。

ですから、くじとは「亀旨」と言葉が使われると推測されます。

「古事記」にもくじふるの峯が登場します。はたして、この「くじ」ふると加羅の「くじ」とは共通したものなのでしょうか。

3.ここは韓国(からくに)に向ひ

最終的に降りて宮を作るところを、「韓国に向かっている」ところと定めます。

ここでいう、「からくに」が問題です。

日本書紀では「そしし空国(むなくに)」となっています。

よって、近世の国学者本居宣長はここを「不毛の地」と解するのです。なぜならば、書紀に空国という漢字があてられているからです。

しかし、問題はその 「空国(むなくに)」 の前に修飾してある、「そしし」をどう解釈するかですが、

漢字から解釈して、せなかのほね、せなかのまわりの肉がない、そのような国。つまり、荒れはてた不毛の国という解釈がなされます。

もし、韓半島との関係がゆるされるなら、「そしし」は「」の国。

「そ」とは今のソウルとかソラブル(新羅の都)とかの「そ」と共通しているとも考えられます。

ソウルやソラブルは都という意味があります。

いずれにせよ、ここも難解でることには違いありません。

「古事記」に記された、「韓国」とは何か。

1)不毛の地

2)韓半島

を意味するかどうか。

4.韓国とはどこか。

もし、天孫が降臨するのに不毛の地に降臨するとするかどうかです。

降臨するにはやはり、日の照りかがやく、心地よい地に宮殿をつくるのではないでしょうか。

そうすると、韓国は、日の照る国と考えることがいいのではないでしょうか。

韓半島は「朝鮮」ともいいます。

この漢字はみてのとおり、朝日が鮮明なところ。と解されます。

朝日が照り輝くとこrは、実際に太陽の位置や天体の関係よりも、そういった古代人の意識にあった、太陽と関係してくるのではないでしょうか。

「古事記」編集するにあたって、それ以前の古い伝承の中に、朝鮮への意識が入っていたと思われるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました