トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

海外移住、海外留学に行く前に読んでおきたいデメリット5つのこと。いいことばかりじゃない。

海外移住の注意点 海外生活及び移住
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

海外生活というと華やかで、英語がぺらぺらになって、一躍成功したような錯覚に陥りやすいのではないでしょうか。

海外生活、留学も現実は現実。いいこと、得られることもあるんですが、そのためにには、いろいろな試練や苦労もあるのです。

それを乗り越えた先に、いいことが待っているような気がします。

今日は留学や移住を考えている人、特に若い人に向けてアドバイスをしたいと思います。短く5つに絞りました。

1.渡航前の日本での様々な手続き

まずは、行く前にしておきたいこととして、以下の手続きがあげられます。

住民票は海外提出届け、それにともなって国民健康保険は支払いが必要なくなります。住民税の手続き。国民年金は支払いを続けることができます。または、滞在期間の間は支払わないという選択もできます。マイナンバーは市町村に返納しましょう。

詳しくは役所に問いあわせ、万全な準備をしましょう。

一度海外にでたら、このへんの役所関係の手続きは、なかなかできなくなります。親族などの代理の人にお願いすることになるからです。

年金に関してはこちらの投稿も参考にしてください。

2.文化や言葉の違い

この文化の違いがいちばんたいへんかもしれません。逆に日本があまりにも住みやすかったり、治安がよかったり、人に迷惑をかけないある意味特殊な文化なので、そのような国はないと思ったほうがいいかもしれません。

よって、行く前にその国の文化を「日本語で」読むことをお勧めします。海外にはまず日本の新聞、書籍はないのです。

日本語からの情報はインターネットからだけですね。今はネットが発達しているので、その意味ではこの書籍の悩みは少し還元されたでしょう。

しかし、現地からその国の文化を知的にしることはできないので、日本から情報を収集することがたいせつだと思われます。

また、言葉の壁です。これは、何年たっても、すこし外国語ができたとしても、つきまとう問題です。発音や表現がその国の人とは違うので、コミュニケーションに支障をきたすのです。

よって、英語は基本で、その国の言葉を学ぶことは大前提だと思います。

英語に関しては、どこの国でも利用できる、オンラインの会話授業はいいと思います。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」 【快挙!】なんと日本文芸アカデミー賞受賞の英語学習法!

3.食べ物、日本食はないと思え

私の場合これが大きいですね。食べ物で、人はストレスを解消したり、身体に力が得られるものだとつくづく思います。「食」はとてもたいせつです。その国に日本食のレストランがあっても、やはり現地の人のアレンジで変わっています。その国の人の嗜好に合わせてますから。

よって、日本食は食べれないという覚悟が必要です。

現地の食べ物で十分。そういう思いが大切です。それでも、日本食が食べたくなるのですから、海外生活はたいへんでしょう。

日本食を自炊できるくらいの力は必要です。

4.仕事の待遇や差別

仕事を見つけることは外国人という立場においては、かなり不利になるかもしれません。

そこで、海外でもできる、技術やスキルがあることはとても有利に働きます。日本でもスキルを活かせれば最高です。

また、プログラミングやネットビジネスでできることも、海外生活では必須の時代になっているようです。

というより、人々の往来が国内、国外問わず頻繁になっている時代。どこにいてもできる、スキルや技術がある人が望まれているかもしれません。

日本人という利点を生かすという方法もあるかもしれませんが、日本の経済力が相対的に落ちている今、それを武器に海外でというのはオススメできません。

その理由の一つに、待遇があまりよくないというのがあげられます。その一番いい例が「日本語教師」ではないでしょうか。

<検定合格率66.3%>「NAFL日本語教師養成プログラム」

もし、現地の大学の先生ぐらいにあんれば別です。ので、海外で大学の先生にあるという夢がある場合、現地の大学院で言語学関係の科目を履修して学位をとることをお勧めします。

海外での就職に関しては、給与面での待遇はあまりよくないと思ったほうがいいでしょう。

5.環境(気候、医療施設)の違い

交通ルール、お風呂がない、病院の診察、気候等があげられます。

健康面が大切なので、この健康管理がたいせつです。

また、日本のように四季や春、秋などの過ごしやすい気候がなかったりします。とても暑かったり、寒すぎたりです。

これは、住んでみないとわからないことです。

行く前に現地に実際行ってみたり、情報を収集することが必須かと思われます。

海外生活は旅行とは違います。現実を受け入れ、そこから、対処していかなければならないようです。

そこから、色々な知恵を見出し、よい環境を作り上げていくのでしょう。

それゆえ、海外生活を経験している人はなぜかたくましいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました