トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

RINPから見るカナダの小都市、高齢化社会対策に乗り出す。

海外生活及び移住
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

1.RINPについて

RINP とはRural and Northern Immigration Pilotでカナダの地方(小都市)への移民プログラムです。

カナダといえば、移民の国。多文化社会。様々な文化背景をもった国の人が住んでいることで有名です。アジア系もその一つです。

今までは、バンクーバーやトロントなどの大都市が人気がありました。バンクーバーに行くと英語は必要ないとか。

海外への留学前にIELTS専門学校で対策

そんな中カナダ政府は地方を活性化させたいのか、 RINP というプログラムをはじめました。全ての小都市が該当するのではなく、11都市と指定されています。

では、どうしてこうしたプログラムが生まれたのでしょうか。それは、言うまでもなく、高齢化が進んでいることからです。

日本もそうですが、いまや先進国はこの高齢化を深刻な問題として抱えています。コロナウィルスの蔓延もこの先進国の高齢化が進んでいるところに集中しているように思うのです。

カナダは人口が

約3,515万人です。トロントは約590万です。

面積は約37万7960㎢。日本の27倍。いかに面積のわりに人口が少ないことがわかります。それに加えて高齢化。つまり、若い働き手がいないのです。

特に小都市といわれるところはもっと深刻でしょう。それでも資源はあるので、産業を活性化させることはできるのです。カナダにはそんな底力があると思います。特に鉱業、林業、農業は無限ではないでしょうか。

ではどんな都市がそれに該当するのか。

2. RINP 申請対象地域(都市)

ONはオンタリオ。けっこう多いですね。オンタリオはトロントもありナイアガラもありと産業を活性化させるために計画されているように思います。 MBはマニトバ州。 SKサスカチュワン州 。ABアルバータ州。そして BCはブリティッシュコロンビア州となります。

363円からのネイティブチェックならアイディービジネス
CommunityCommunity website
North Bay, ONComing soon
Sudbury, ONComing soon
Timmins, ONComing soon
Sault Ste. Marie, ONwww.welcometossm.com
Thunder Bay, ONwww.gotothunderbay.com
Brandon, MBwww.economicdevelopmentbrandon.com
Altona/Rhineland, MBwww.seedrgpa.com
Moose Jaw, SKComing soon
Claresholm, ABwww.claresholm.ca
Vernon, BChttps://rnip-vernon.ca
West Kootenay (Trail, Castlegar, Rossland, Nelson), BCComing soon

どんな街でどんなことが産業としてなりたっているかをクリックしてみて参考にしてください。

3.申請の条件とは

このプログラムの条件は次のようになります。

1)3年以内に1年間(すくなくとも1560時間)の職業経験があること。

2)上記の地域にある2年以上のポストセカンダリーコースを修了していること。ポストセカンダリーコースとは non-degree certificate programs, community colleges (associates degrees), and colleges/universities (bachelors degrees).

1)と2)はどちらか該当していればいい。

3)上記の地域でのフルタイムのジョブオファーがあること。

4)英語のレベル:CLB4(IELTS4.5)~CLB6(IELTS5.5)

海外への留学前にIELTS専門学校で対策

その他に資金、滞在する意思があるかどうかなどがあります。

11都市を旅をしながら、見学みるのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました