トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

ハロウィンと日本のお祭りそして日本文化への習合!

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

ハロウィンが最近日本で定着している。子供のイベントというより大人のためにイベントになりつつあるが。

ハロウィンは死者の霊を弔い秋の収穫を祝うお祭りであり、古代ケルト人が起源だと言われている。

10月31日に行われ、子供たちが魔女やお化けに仮装して近くの家に訪れてお菓子をもらったりする風習である。これは映画などでもおなじみで、trick or treat(お菓子をくれないと悪ふざけをするよ)という。おなじみはかぼちゃである。

ハロウィン (字幕版)

かぼちゃを切り抜いた、ジャックオーランタンというものを飾ったりもしている。アメリカでは民間行事として定着している。

クリスマスとは別なもので、より宗教色は薄いといえる。キリスト教との関係もあるが、あまり強調はされない。風習である。

このハロウィンが日本でも定着しているように思われる。どうしてだろうか。

私はいつくかの共通点を見出さしている。

1.秋の収穫を祝うという点。

日本ではお盆や新嘗祭(勤労感謝の日)に該当するものである。これらは宗教色はあまりみられず、すでに社会に定着しているのである。

2.死者の霊を思い馳せること。

日本ではやはりお盆に該当する。

3.かぼちゃ。日本にもかぼちゃは日常身近な食べ物であり、秋を思い出させるものである。

日本では外国の宗教性が強いものは排除されやすい。中々定着しない傾向がある。キリスト教がそれではないだろうか。しかし、そんな宗教性が薄いと定着したり、他のものと習合(お互いに融合して自分たちの文化に取りいれてしまう。)する。これは日本の歴史が証明している。

神道と仏教、神道と儒教、などある。

このハロウィンの注目している点はそこにある。つまり、日本文化との習合である。社会に溶け込みやすく、また商品やキャラクター的要素が強く、定着しやすいのではないか。

天皇陛下の即位の礼が近づいている。天皇の役割の一つとして、新穀を伊勢神宮に奉納したり、豊穣を祝い祈り儀式をつかさどる。日本の中心はこれである。

ここから日本は始まったといっても過言ではない。そうなると、グローバル化が進んだ今日、ハロウィンは日本の伝統文化と排他的ではなく、習合しながら、定着していくのではないだろうか。

しかし、重要なことがある。

いくら他国の文化が入って来ても、日本は日本的にアレンジしたり、変貌する。

日本的にアレンジしてきたのが日本文化形成の過程であった。

ハロウィンもそんな日本的な文化と変貌しながら、より新しいものを生み出すものとなるのか注目している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました