トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

ニュージーランド移民がチャンスか?

海外生活及び移住
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

ニューランドは人口が460万人といわれ、人口の50%が移民で成り立っています。

労働人口の4分の1は移民。

そんな、ニュージーランドは移民を受け入れることを当然としてとらえているところがあるでしょう。

では日本人にとってニュージーランド移民はどうでしょうか。

治安がよく、日本に対する偏見がないという環境では住みやすい国の一つかもしれません。

【中古】 ニュージーランド移住計画・初級編 暮らし方から観光情報まで / 木楽舎 / 木楽舎 [大型本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

また、様々な社会保障制度が充実しているという点もメリットであると言われています。

では永住のためには実際どんなビザがあり、方法があるでしょうか。

1)ワーキングホリデイビザで1年間働きながら、ワークビザ取得を目指す方法です。これが一番オーソドックスな方法かもしれません。日本人はワーキングホリデイ申請は無料です。
2)パートナーシップビザ:これは現地の人と結婚したか、結婚を前提にお付き合いしていれば、得られるビザで、ニュージーランド独特のビザであると言えるでしょう。ワーキングビザで入り、1年以内にパートナーを見つけることができれば、申請が可能です。

ビザの種類によって観光ビザ、就労ビザ、永住ビザがあります。

3)日本国内にいるときに、就職先をみつけ、ワークビザで渡航するという方法です。

永住ビザを取得するためには、申請と同時に以下の3つが重要となります。

1.55歳未満

2.ポイント制で100点以上(ある人によれば、150点以上最低で)

3.英語のテスト、IELTSを6.5以上(しかしこれも取っていなくても取得した人がいるそうです。)

ニュージーランドは比較的他国と比べて、取得しやすいと言われています。

その理由として人口が少ない、他国への流出が多いということがあげれらるでしょう。

楽天銀行

コメント

タイトルとURLをコピーしました