トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

コロナウィルスの影響による在宅ワークで知った在宅ワークのメリット5つ!

仕事術
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

コロナウィルスの蔓延の兆しがあります。ここ韓国も例外ではありません。

そこで、最近は外出を控えるようになっているのではないでしょうか。不必要な外出。ちょっとした買い物や約束など。

コロナウィルスの影響もあって、現在私は在宅ワークとなり、オフィスには行くことはなく、自宅で仕事をするようになっています。

それにともなって、

在宅ワークとはこういうものだ と、

改めて気づいたこと、

そして、在宅ワークが今後も増えてくるのではという予想をするようになりました。

今日は節約という面において、メリットを挙げてみたいと思います。

何よりも、在宅ワークはお金を節約できるが、結論です。

1.交通費がかからない。

これは大きいと思いました。考えてみたら往復どのくらい交通費が使われているのか。

普段は何気なく通勤していたことで、無意識に交通費が出費されている。

しかし、使わなくなると、これほど節約できるのかと、しみじみ思うのです。

在宅ワークが増えれば、朝のラッシュもなくなるのでは、と期待できます。

交通費はばかになりません。

2.無駄遣いをしない。

これも多かったことに気づくのです。

行き帰りについよってしまう、コンビニダイソーなど。さらに、買い食い

家に引きこもっていると、そんな考えがなくなってくるのです。

不思議ですね。

きっと、お店を通るだけで、不必要に買い物をしてしまう。

これが、人間の心理かもしれません。

韓国は寒いので、そとに出たとも思わないですが。

3.食費がかからない

これも大きいですね。昼食代

韓国も今や日本よりも食費が高いかもしれません。

一食、800円はします。 高い!

それでも食べなければならないので、払うのですが、高すぎますよね。

でも、家で自炊するのは、食材があればいいので、三食自炊はお得です。

たまに外食をするのはいいでしょう。しかし、仕事のために毎日外食は体にもよくないし、出費は増える一方ですね。

4.家の中で仕事に集中できる。

家の中にいると集中できる。職場は職場なりの緊張感はありますが。

これは人によって違うでしょう。家にいるとほかのことに気をとられて、集中できない。という人もいると思います。

ただ、家の中の仕事に慣れ、習慣になれてしまえば、変わることはないと思います。

私の考えですが、今後は家の中で仕事を処理することが多くなると思います。

そのためにも、仕事用に部屋をリモデリングしたり、そのためにスペースを備えることもありだと思っています。

要は仕事ができる雰囲気を作ってしまえばいいのですから。

5.家事ができる。

在宅ワークは家にいますから、家事も同時にできるのです。

家事を同時にできることは魅力です。

仕事から帰ってきてまずすることは何でしょうか。

そうです。家にこと。皿洗い、部屋の掃除、洗濯と。

仕事でへとへとになっているのに、家でもまた労働とは、きついものです。

私はこの機会に、家事もしています。

それがけっこう息抜きになっているのです。

机に座って仕事をするだけだと、やはり肩や腰が疲れてくる。

それで、リフレッシュするためにも、掃除したり、皿を洗ったりすると、気分がすぐれてきます。

体を動かせるのです。

オフィスだと、仕事だけで、気分転換がなかなかできません。

6.まとめ

とにかく、在宅ワークを少しばかり経験した感想を述べてみました。

在宅ワークの種類は個人でフリーでできるものがあります。

1)プログラミング

未経験から学べるプログラミングスクール

2)翻訳

3)データー入力

4)ライター仕事

5)著述活動

6)デザインの発注

7)動画編集

スマホで本格的英語学習HiNative Trek

他にもさまざまですよね。クラウドワークスランサーズシュフティといったところが大手のクラウドソーシングサイトです。

フリーランスとしての自立をサポート【Freeto】

一つに絞って、仕事を受注しつづければ、その道の専門家になれるでしょう。

また、外注もできるので、自分の不得意な分野は外注してしまうという手もありです。

もちろん、副業でも可能で、まずは趣味程度で、やってみるのがいいかもいいかもしれません。

在宅ワークで自由なライフスタイルが実現できそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました