トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

カナダ・ノバスコシア州にあるケープ・ブリトン(Cape Breton)への留学もいいかも。

海外生活及び移住
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

ひょんなことで、ノバスコシア州のケープ・ブリトンという街を知ることになりました。その一つはある韓国人がそこに住んでいたこと。もう一つは、同僚のカナダ人がそこの出身だったこと。

地図をみると、日本からめちゃくちゃ遠い。

カナダの東端に位置しているではありませんか。(地図は下に表示)

カナダといえば、ナイアガラ、ブリティッシュコロンビア、トロントがよく聞く地名ですよね。

アラスカにも行って感じたことですが、こんなところにも人が住んでいるんだという感想でした。

それだからこそ、行ってみる価値や留学する価値もあるかと思って今日は ケープ・ブリトン を紹介します。

バークレーハウス IELTS 体験レッスン

1.大自然に満喫できる。

写真でみてわかるように、大自然に囲まれているところです。なので観光業が盛んだということです。

ここはアメリカ大陸でもっとも美しい島のNO.1に選ばれました。

上の写真が ケープ・ブリトン でしたがノバスコシア州の写真です。

海と山といったイメージですね。

ただ、もちろん人は住んでいますから、生活に不便はないそうです。

勉強に集中できるかも。

2.食べ物が新鮮

こんなところですから、食べ物とくに海産物は新鮮で、カニ、ロブスター、貝類など食べるものは豊富です。

こんなことで産業は漁業が盛んでといえるでしょう。

3.日本人は少ない。多文化の島

そして、位置的にみてもわかる通り、日本人があまり行かない。もちろん観光のツアーではいくそうですが、

留学というとトロントやブリティッシュコロンビアを考えそちらに行くようです。

そういう意味では穴場かもしれません。

韓国にもそういう穴場的な留学場所はあるんです。

みんなソウルに行きたがりますが。

でも都市は都市でそれなりの魅力あり、田舎は田舎でそれなりの魅力ありでしょう。

4.ケープ・ブリトン大学とその付属語学学校

ではどこに留学するのか。

それが ケープ・ブリトン 大学という大学です。英語名はCBUです。

英語力は
TOEFL 80 / CAEL 60 / IELTS 6.5/ MELAB 85 という基準を設けてます。

けっこう大変。

IELTS 対策 留学・大学院へ進学の方

でも、この大学の付属の語学学校がすぐ近くにあるといういいます。

それが、ICEAPという学校。2か月で$2780という費用。

クラスは
LEVEL 1~2 / LEVEL3~5 / LEVEL6 / BRIDGE / Pre-Master で上がっていきます。すべてのレベルは8週ごとのカリキュラムです。

ホームステイや学校の寮があります。

くわしくはこちらのブログも参照にしてみてください。

5.場所や行き方

場所は先ほども見ましたが、カナダの東で、あの赤毛のアンで有名なプリンスエドワード州が横にあります。

行き方は乗り換え一回。

東京からトロントそしてハリファックス(ノバスコシア州の州都)へ。そこからはバスで5時間ほど。

東京からバンクーバー経由でハリファックス

東京からデトロイト経由でハリファックス

一度観光で行くのもいいかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました