トピックブログはこちら!
人生を豊かに!

日々学び、旅をし、
芸術に浸る、
そんな豊かなライフを
追求しませんか。

韓国人気コスメ

だれでもできる毎朝30分の散歩。心身のケアーは散歩で。

未分類
韓国語ワンコインレッスン
Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る

1.3つの散歩の効果

一般的に散歩の効果を上げると次のようになるそうです。

1)脳の休息効果

私たちは常に体だけでなく、脳にも負担を与えています。疲労感は体だけでなく、脳も疲労感を感じているのです。

常にスマホを持ち歩きながら、次々と入ってくる大量の情報の量。

そこで、現代人は脳を休める時間が必要です。散歩をすると、セロトニンが分泌され、脳が休まり、休息効果をもたらすといいます。

それによって、毎日の小さなことへの感謝幸福感を増加させ、うつ病を防止する効果があると言われます。

2)血行をよくする

足は第二の心臓といわれるほどなので、血液の循環がよければ、身体全体の血流のながれがよくなります。

特に、冬場は血流がわるくなったり、冷え性で悩む人が多いとか。そのためにも歩くことが最適の血流促進の方法であるのです。

寒いからと家の中で閉じこもるのは、冷え性には逆によくないでしょう。

3)日の光を浴びる

朝の日の光を浴びることです。これによって、身体の細胞が目覚め、心身ともにリセットされるのです。

新年にご来光を楽しむのいいですが、毎日、日の光を浴びて、仕事にとりかかるのはどうでしょうか。

朝の出勤で浴びる太陽の光と森林や散歩の道に浴びる光は違うようです。朝の散歩道での日光は体全体に四方から浴びているという感覚があります。

散歩の途中に休憩できるベンチ

2.私の散歩歴と散歩学

私は著書にも書いたのですが、幼いころから、この散歩をしてきました。最初はさせられたといってもいいのですが。大人になった今でも継続できているのですから、不思議なのものです。

そうです。散歩は、継続できるということがメリットかと思ってます。他の運動だと、相手がいないとできないとか、激しすぎるとか、向いてる人と向いていない人がいたりとかです。

しかしながら、散歩なら、だれでも、いつでも、そしてどこでもできるというメリットあるからでしょうか、継続できるのです。

私の散歩道です

散歩歴はもう何十年となるのでしょう。それも、朝散歩をします。時間は30分から40分です。週末などは1時間くらいするときもあるでしょう。

この30分がポイントかと思ってます。これ以上でもなくこれ以下でもないのです。適当な時間でしょう。しかも、朝の忙しい時間には30分が適当なのです。

30分なんて短すぎるのでは?と思うかもしれませんが、結構30分あるくだけでも、朝はよく目ざめすっきりし、軽い運動ができたという満足感に浸れます。

散歩学というほどでもありませんが、一つ散歩の効果を上げるならば、悩みやアイデア考案の解決です。

歩くことで日々発生する生活の悩みや問題解決のアイデア、ブログや執筆の内容のアイデアが浮かんでくるということです。

これも、著書に書いたのですが、一度何も持たずに、外にでて歩いてみると、色々なことが、心や頭に浮かんできます。

それは、私にとって大切な時間、思索の時間です。

よりよい、アイデアの発想ができる時間なのです。

私が散歩を続けていて、よかったと日々思えることがあります。それは、四季折々の木々や花、そして風景を日ごとに確認し、鑑賞できることです。

そして、自然と触れ合うことで、心がすっきりし、前向きな意欲が湧いてくるそんな経験をしています。

このことによって、仕事がはかどり、家庭はうまくいき、一歩前進していこうという意欲が湧いてくるものです。

字数の関係上、ここではすべてを話すことはできないので、ぜひ拙書をお読みいただければと思います。価格は200円です。

3.旅の途中でも朝の散歩。

旅をしていると、日中動き回るということを考えると思いますが、私は朝の散歩を旅行中でもします。

むしろ、旅の途中、朝の散歩は結構景色も楽しめるし、人がいないのでじっくり余裕をもって、周りの雰囲気を味わえるので、できるだけ朝起きてホテルの周りなどを散歩をしています。

治安のいい場所という前提はありますが、旅の途中の散歩もお勧めです。

新しい年を迎え、何をしようかまだ決めかねていない方がいたら、ぜひ、朝の散歩を取り入れることはどうかと提案したいものです。

キーワードは朝、30分、散歩 の三つです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました